銀行口座不要であること

通帳を確認する女性
総量規制対象外でお金を借りたいと考えることが出てくるでしょう。
総量規制は年収によって借りられるお金が制限されてしまうため、必要としている金額が年収の3分の1以上であれば、希望した金額を借りられないことも十分に考えられるからです。
 
そこで総量規制対象外の資金調達法について調べてみると、銀行のカードローンがそれに該当します。
なぜ銀行のカードローンは総量規制の対象とならないのかというと、法律によって定められているからです。

消費者金融の貸金業法には総量規制がありますが、銀行の銀行法には総量規制がないのです。
 
銀行のカードローンやキャッシングを利用することもできるのですが、中には利用条件としてその銀行に口座を持っていることを挙げていることがあります。
もしも口座を持っていることが条件になってしまうと、万が一その銀行に口座をもっていないことで融資を受けるのが遅れてしまうことがあります。
 
お金が必要になるのはある程度前もってわかっていることもあるのですが、急に必要になることも十分に考えられます。
それなのに急ぎで融資が受けられないと、お金を借りる意味自体がなくなってしまうのです。
 
急ぎで融資を受けたいとき、しかも総量規制の対象外とならないのは銀行のカードローンになります。
銀行のカードローンも多くの銀行が提供していますので、それぞれの銀行のカードローンを利用する条件についてしっかりと調べてから、最終的に申込みをする銀行を決めていくといいでしょう。
 
既に銀行口座を持っている銀行が、カードローンのサービスを提供しているのなら、その銀行に絞って借入をする銀行を決めていくのがいいかもしれませんし、なかには銀行口座不要で借りられる銀行もあります。

年収の3分の1以上借りれるおすすめのカードローンはこちら

このページの先頭へ