総量規制対象外のカードローンの審査に通るには

ビックリマーク
総量規制によって貸し付けできるお金に制限がされてしまうのですが、総量規制対象外のカードローンを利用することによってそのデメリットを解消できます。
総量規制対象外のカードローンやキャッシングの審査に通るためには何かコツがあるのでしょうか。
 
総量規制対象外のサービスを利用できるのが主に銀行が発行しているカードローンになります。
しかしながら銀行のカードローンは消費者金融のカードローンと比べると審査が厳しいと一般的に言われており、ただでさえ総量規制を気にして消費者金融でカードローンを申込みできない人は、自分が審査に通るのかが心配になってしまうでしょう。
 
たとえば他の金融機関にて総量規制のかなり限度額いっぱいまでお金を借りてしまっているような状況では、新たに銀行でカードローンを組むのが難しいのではないかと考えてしまいます。
実際に銀行系のカードローンに通った方の状況を調べてみると、たとえ他の金融機関から総量規制ぎりぎりまでお金を借りていたとしても、審査に通ることも十分可能になります。
 
ただしそれには条件があります。
まずは返済をしっかりしているかどうかです。
 
たとえ他の金融機関からお金を借りていたとしても、返済期日を守ってしっかりと返済を続けているのであればその人は返済能力があるとみなされますので、審査に通る確率が高くなります。
年収金額や他社からの借入金額によって、銀行カードローンにて借入できる金額が変わってくる事もありますが、平均で年収の半分程度の限度額で借りることができるようです。

年収の3分の1以上借りれるおすすめのカードローンはこちら

このページの先頭へ