総量規制対象外で借りるメリット

ピースする男性
総量規制の対象となってしまう貸し付けは、主に消費者金融が提供しているカードローンやキャッシングになります。
年収に応じて貸し付けしてもらえる金額が決まってしまうため、必要としている金額がまとまった金額になってしまった場合、その金額が年収の3分の1以上であれば借りることができないかもしれないのです。
 
しかしながら中には総量規制の対象とならない総量規制対象外のカードローンにて年収の3分の1以上お金を借りることもできるのです。
総量規制対象外で借りるメリットとは何でしょうか。
 
まず最大のメリットは総量規制や年収の金額を気にすることなく借りたい分だけお金を借りることができる点です。
個人の年収によって限度額が決まってしまう総量規制では、必要としているだけのお金を調達することが難しくなりますが、総量規制の対象外なら年収を気にすることなく、必要な分だけをお金を借りることができるのです。
 
総量規制対象外となるのは主に銀行が提供しているカードローンになりますが、銀行系のカードローンはその他の金融機関が提供しているカードローンと比べて金利が低いため、返済時の金利負担を軽くすることができるのです。
さらには銀行で借りた方が安心感があると言う方も少なくありません。
 
お金を貸してくれる金融機関は探してみるとたくさん見つかりますが、中には名前も聞いたことがないような金融機関も存在します。
その点、銀行が提供しているカードローンなら知名度もある程度ありますので、安心して利用することができるのです。

年収の3分の1以上借りれるおすすめのカードローンはこちら

このページの先頭へ