総量規制対象外で借りるデメリット

腕を組む男性
総量規制とは個人の借り過ぎを防ぐために年収の3分の1まで貸付金額を制限する制度になります。
 
確かに総量規制のおかげで借り過ぎを制限する効果は期待できるのですが、それでもお金を必要としている方にとっては、総量規制の影響で必要なだけお金を借りることができず困る点も多々出てくるでしょう。
 
総量規制対象外にてお金を借りることもできるのですが、それにはメリットとデメリットの両方があることを覚えておきましょう。
メリットばかりに注目して気軽にお金を借りてしまうと、後で返済に困るようなことが出てきますので十分な注意が必要です。
 
総量規制がないことによって好きなだけお金を借りれるようになるため、借り過ぎがデメリットだと考える方も多いのではないでしょうか。
 
確かに総量規制によって年収の限度額が設定されていませんので、希望する金額借りられそうな気がします。
しかしながら総量規制の対象外とはいっても限度額が高く設定されているわけではないのです。
 
銀行にカードローンを申込みしてから、銀行がその申込者の返済能力について審査をするのですが、銀行は他の金融機関と比べても審査が厳しいと言われています。
よってその人の返済能力をしっかりと見極めたうえで限度額が決定されるのです。
 
そのため収入をはるかに超えるような金額の限度額を銀行が認めるようなことはまずないだろうと考えられます。
その点を考えると総量規制対象外とならないことによって借り過ぎが生じるというデメリットは起こりにくいのです。

年収の3分の1以上借りれるおすすめのカードローンはこちら

このページの先頭へ