総量規制とは

考える女性
キャッシングやカードローンのサービスが普及したことによって、一般の方でも気軽にお金を借りることができるようになりました。
しかしながら気軽に借りることができる故に、借り過ぎてしまうという問題が生じるようになってしまったのです。

そこで設けられたのが総量規制という制度になります。
 
総量規制によって個人に対する貸し付けが年収の3分の1以上にならないように貸付金額を制限するのです。
例えていうのであれば年収が300万円の方なら最大で100万円までしかお金を借りることができないのです。
年収がそれほど高くない人にとって、この総量規制という制度が存在することにより、貸付金額が少なくなってしまいます。
 
その結果、本来はもっと多くのお金を借りたいのにそれができなくなってしまうのです。
実は一口に総量規制といっても、その総量規制の対象になる貸し付けと対象にならない貸し付けの二種類があるのです。
 
まず総量規制の対象となるのが、消費者金融や信販会社、クレジット会社です。
これらの会社は貸金業法に定められている法律に従ってお金を融資しています。元々総量規制はありませんでしたが、貸金業法の一部改正にともない総量規制が定められました。
なので消費者金融などでは年収の3分の1以上は借りることができないのです。
 
一方、総量規制の対象外となるのが銀行です。
銀行は貸金業法ではなく、銀行法が適用されるからです。
総量規制が関係ない銀行なら年収の3分の1以上借りることができます。

年収の3分の1以上借りれるおすすめのカードローンはこちら

このページの先頭へ